今人気の職業|心理カウンセラーになるには

文房具

人気の職種なる為には

精神的な病を負った方のサポートをする心理カウンセラーになるには、深い知識と資格を取得する必要があります。また、多くの活躍の場があり、それぞれに必要な資格が存在する為、注意が必要です。しかし、多くの需要がある為、人気の職種となっています。

カウンセラーになりたい

カウンセリング

公認心理師を目指す

人々の悩みを聞き、助けになってあげたいと考え心理カウンセラーを志す人は多いのではないでしょうか。しかし、現在のところ、心理カウンセラーになるには特定の資格を取得する必要はなく、たとえ、専門知識を有していなかったとしても、なりたい本人が希望すれば心理カウンセラーと名乗ることができます。しかしながら、近年、国会にて心理カウンセラーになるには公認心理師という国家資格を取得しなければならないという法案が通過しました。そのため、おおよそ2年以内のうちに公認心理師資格の法整備が進み、心理カウンセラーになるにはこの資格を取得しなければ名乗ることができなくなってしまいます。こうしたことから、心理カウンセラーになるには、近い将来、認定心理師資格を取得するか、それに準ずる臨床心理士資格を取得することが最も望ましいと言えるでしょう。そうでないと、無免許でカウンセリングを行うこととなり、場合によっては無資格者による違法行為と見なされてしまうかもしれません。ストレス社会と呼ばれる現代社会においては、心理カウンセラーの存在意義はますます大きくなっています。しかし、そうした社会的背景を利用して、数多くのカウンセラーが増え、それに伴い、何の働きかけもできないカウンセラーも増えてしまいましまた。だからこそ、専門的知識と公的資格を持った心理カウンセラーを目指す必要があると言えます。それゆえ、現在のところは、公認心理師を目指すことが真の心理カウンセラーになるには最良と言え、まずはそれについて調べてみてはいかがでしょうか。

カウンセラーとして働く

資格を取得することによって、多くの分野で活躍することができる心理カウンセラーになることができます。実際に現場で活躍する心理カウンセラーになるには、しっかりと知識を身に付けるようにしなければなりません。

カウンセラーの勤務場所

心理カウンセラーの働ける場所はニーズの拡大に伴い多くなっています。その中でも企業や教育機関で働く心理カウンセラーになるには専門資格のほかに、相談員としての経験や職務経験が問われる事もありそれぞれの勤務先で必要な能力が求められます。